気軽にできる小顔矯正

顔に触れる女性

プチ整形による小顔矯正がおすすめの理由

ボトックス注射は咬筋を緩めることにより、エラ張りを解消することができる小顔施術です。多汗症やワキガ対策として用いられることが多いボトックス注射ですが、実は顔やせ施術としても活発に行われています。エラ骨を削るとなれば本格的な手術が必要になってきますが、注射だけならプチ整形感覚で気軽に受けられます。筋肉より骨を削ったほうが小顔効果は高いと思われていますが、ほとんどの人はボトックス注射のほうが効果的です。それほど咬筋は厚みのある筋肉であり、ここを緩めていくメリットは大きいわけです。注射するときは極細針を使用するクリニックが多いですし、クリームなどの麻酔を用意しているところもあります。健康診断時の採血より痛くないというコメントが多く、中にはほとんど痛みを感じなかったというコメントもあります。注射の効果は永遠に続くわけではありませんが、施術回数が増えるに従って持続効果が長くなったという話は少なくありません。また咬筋が緩むことで顎周りの緊張が解けて楽になりますので、口周りが楽になったという意見も聞かれています。咬筋は年齢とともに発達するケースが多いため、今は問題がなくても将来的に顔太りが気になり始める可能性はあります。むくみや脂肪太り以外で顔が大きくなったと感じたら、ボトックスによる小顔施術がおすすめです。

気軽にできる小顔矯正として人気のボトックスエラ施術は、15分程度の短時間で施術が完了します。時間をかけて少しずつエラに注入するのである程度の時間はかかりますが、痛みはそれほど強くはありません。施術前にはカウンセリングを受けますが、ここで大体の流れの説明を受けます。問診票に記入するときは現在の肌状態、気になる肌トラブルなどを記入しておきましょう。施術前にはメイクを落とす必要がありますので、院内の専用ルームで洗顔をします。もちろん自宅で洗顔をしてきても問題ありませんので、ここはご自身で決めてください。カウンセリングでダウンタイムについて説明を受けますし、日頃の注意点なども教えてくれます。施術後は肌に刺激を与えないこと、血行を促進する行為を避けることがポイントになります。例えばハードな運動やサウナなどにより、ダウンタイムが長くなって腫れや赤みが長引いてしまうことがあるわけです。ボトックス注射前後の効果を確かめるためには、施術前と後の写真撮影をします。痛みが苦手という方はカウンセリングの段階で、麻酔を使用して欲しいと話しておきましょう。クリニックへの申し込みは電話や公式ホームページから手続きができますし、お問い合わせだけするのもありです。

Copyright© 2019 美容外科でシャープな顔にする方法と基本的な知識 All Rights Reserved.