小顔になる方法

鏡を見る女性

輪郭をシャープにする方法

顔が膨張して見える原因の一つに咬筋の発達が挙げられます。いわゆるエラ部分の筋肉なのですが、咬筋が発達するとエラが張ってみえますので顔全体が膨張して見えるケースが多いのです。咬筋はものを食べるときに使用する筋肉なのですが、発達した咬筋を自然に細くすることは難しいですし、ダイエットを行ったとしてもその部分だけ痩せるのは無理に近いかもしれません。しかし、ボトックスを用いることによってその悩みは簡単に解消できます。ボトックスには筋肉を弛緩させる効果がありますので、咬筋に注入すればその部分の筋肉の動きが抑制されます。筋肉は使わなければ段々と細くなっていきますので、その作用を利用して咬筋を細くすることが出来るのです。結果的に張っていたエラが目立たなくなって輪郭がシャープに見えるはずです。エラに注入する場合は複数回繰り返し注入したほうが定着しますので3回から5回程度は注入してみてください。個人差はありますが、半永久的に定着する人もいます。顔のパーツを変えなくても輪郭が変わるだけでだいぶ印象は変化します。顔が大きくて悩んでいる方やエラの張りをコンプレックスに感じている方は是非ボトックスを利用してみてください。悩みが嘘のように解消できます。

ボトックスをエラ部分に注入すれば小顔が実現します。骨格が問題で顔が張って見える方は骨自体にアプローチしなければならないケースもありますが、大体の場合はボトックスでも十分輪郭をシャープに魅せることができます。ボトックスの平均相場は5万円から10万円程度です。1回の施術の料金ですので、より定着させるためには複数再度注入する必要があります。短いスパンで注入すれば良いものではありません。効果の薄れ方や状態などからメンテナンスのペースが決まってきます。中には数回注入しただけで元の状態に戻らなくなったという方もいますので個人差があると考えて良いでしょう。一般的にボトックスは注入してから大体三か月程度で元の状態に戻るとされています。エラに注入する場合はしわ取りなどとは異なり注入量もアップしますからしわ取りに比べると持続性も高くなります。施術は美容外科で受けることが出来ますが、クリニックによって仕上がりが変わってきますのでまずはカウンセリングからはじめてみてください。一社のクリニックだけではなく複数社のクリニックのカウンセリングを受けてみて比較してから申込をした方が自分に合ったクリニックを見つけるという意味でも良いかもしれません。

Copyright© 2019 美容外科でシャープな顔にする方法と基本的な知識 All Rights Reserved.